[2016/10/15] 2016秋大会_城東支部説明会実施報告


10月15日(土)に、TKP市ヶ谷カンファレンスセンターにて、東京都中小企業診断士協会秋大会が開催され、その第3部で新入会員等を対象に城東支部説明会を実施しました。

johtoh1

 

 

 

 

 

 

 

johtoh_annai

 

 

 

 

 

 

 

johtoh_setsumeikai

 

大高支部長から挨拶及び支部の活動説明

johtoh_sibutyo

 

 

 

 

 

 

 

最初に、大高支部長から挨拶及び支部の活動説明を行いました。

その中では、城東地区は江戸時代から続くものづくりや昔ながらの商店など伝統的な産業をもつ一方で、2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは有明エリアや両国などで競技が予定されるといった進化もあり、城東支部としてもオリンピックに向けた提言集を作成するなど新たな活動を行っているとの紹介もありました。

支部の各部、研究会など各種活動の紹介など

続いて、支部の各部、研究会など各種活動の紹介を行いました。

最後に、新入会員の皆様に自己紹介をしていただき、

「地域支援などおもしろそうなイベントに参加してみたい」、
「支部での交流を通じて力をつけていきたい」

など、支部活動への期待が寄せられました。

大高支部長のお話の中にもありましたが、城東支部は和気あいあいと飲んだり食べたりするのが好きなメンバーが多いのが特徴です。

新入会員の皆様にも、新年会、年次会などのイベントや各部・研究会の活動に積極的に参加し、中小企業診断士としての交流・ブラッシュアップなどに活用していただくよう、診断士の一先輩として期待しています。(中沢秀幸会員)