[2015/2/11]診断士1年目の会2014 開催報告


第1部「事業承継ビジネス立案ゲーム」

2月11日(水)午後、東京シティエアターミナルにて、「診断士1年目の会2014」が開催されました。各支部の診断士1年生総勢約80名が集い、懇親を深めました。

「診断士1年目の会2014」は2部構成となっており、第1部では「事業承継ビジネス立案ゲーム」と称して、5~6名が1チームとなり、架空の中小企業に事業承継計画の立案をするというゲームが行われました。

診断士1年目の会 第1部

診断士1年目の会 第1部

 

 

 

 

 

 

 

 

酒造、配送、建設業、クリーニング業の4つの事例から1つが各チームに割り当てられます。そして、①企業の方向性②誰に事業承継をするか③どのような方針で承継・譲渡・廃業するか④具体的に取り組むこと等を計画していきます。そして最後には、代表者が”たった”1分で計画内容を説明します。その後、参加者が1番よかったチームに投票をするという流れで進んで行きました。

ディスカッション中

ディスカッション中

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、そのゲーム説明をしてくださったのが、城東支部代表幹事を務めた加藤敦子さんでした。会場の雰囲気がまだ緊張しているからかピリピリとしている中、わかりやすいゲーム説明、時折ユーモアも交えつつ参加者の方々の緊張をほどいていました。長い期間に渡る準備、当日の運営、進行などお疲れ様でした。

城東支部幹事 加藤敦子さん

城東支部幹事 加藤敦子さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2部 立食形式懇親会

続いて第2部では、立食形式の懇親会が開催されました。実務補習の際にお世話になった指導員の方々も加わり、近況報告はもちろんのこと、同じ支部内の交流、他支部の方々との交流が深められたとても貴重な時間となりました。

下の写真は、「診断士1年目の会」終了直後に撮影した城東支部の集合写真です。実は、このように支部で集合写真を撮影したのは、私達城東支部だけでした。こんなところからも、「明るい、和気あいあい」という雰囲気を持っている支部であると再認識できた会となりました。(広報部 長岡和宏)

城東支部集合写真

城東支部集合写真