[2016/9/2~3]立石商店連合会主催/立石フェスタ2016開催報告


「立石駅通り商店会」をはじめとする、葛飾区立石地区の5つの商店街で構成される「立石商店連合会」主催のビックイベント「立石フェスタ2016」が、9月2日(金)、3日(土)の2日間開催されました。

  

今年で14回目の開催。葛飾を代表する秋のイベントとして定着し、商店会の発表では開催2日間で3万人が立石の街を訪れました。
本イベントは商店街が「核」となり、葛飾区・教育機関・金融機関・マスコミ・大企業の支援、そして何より立石の地域住民が一体となって協力することで実施されています。本年から地域支援部として運営のお手伝いに参加しましたが、イベント運営の役割分担と手際の良さに驚かされました。さらに運営スタッフの大半が商店街関係者以外の地域住民のボランティアで、地域に根差したイベントであることを実感しました。

本イベントの代名詞であるサンバカーニバル以外に、毎年多くの来街者を集める理由として、趣向を凝らした新しいチャレンジを続けている点が挙げられます。今回の新企画「立石ラップのど自慢」は、一般公募で集まった市民ラッパーが、プロの指導のもと、立石の街への愛情をラップに詰め込んで熱唱しました。商店会の副会長がトップバッターとして場を盛り上げ、小学生、葛飾区職員、区議会議員から商店街の名物女将まで、参加者は幅広く、大盛況でした。当日参加された青木葛飾区長も飛び入りで見事なラップを披露されていました。

この他にも立石の街中の7つの特設ステージでは、様々なジャンルのアーティストによるパフォーマンスが繰り広げられました。
当日の様子はこちらかもご確認いただけます。
≪立石フェスタ≫ http://festa.tateishi-syo-ren.com/4709-entry.html
≪J:COM東京≫ https://www.youtube.com/watch?v=knZWCQvyasM

また立石フェスタに合わせ実施された「立石バル」では多くのお客様に、お得で美味しい立石の味を楽しんでいただけたようです。商店街を中心に、立石の地域住民が一体となったイベントの運営体制は「立石モデル」として、他の地域支援活動にも大変参考になると感じました。

最後に、当日イベントにご参加いただきました会員の皆様、バルチケットの購入にご協力いただいた皆様にお礼申し上げます。
(波多埜 宏幸会員)

 

【開催概要】

日 時 9月2日(金)19:00~21:00(前夜祭)
9月3日(土)9:00~17:00(メインイベント)
 場 所  京成立石駅前(葛飾区・立石)
 担当診断士  波多埜 宏幸会員、長岡 美恵子会員
 E-mail  gen1800@@gmail.com(@は1つにしてください)