[2017/09/30] 真田幸光教授講演会開催報告


国際部では「激動する世界を読む」と題し、愛知淑徳大学真田幸光教授をお招きしての講演会を実施致しました。9月30日(土)、場所は両国KFCホール。城東支部に加え、東京協会他支部から、一部診断士以外の方も含め、総勢26名の参加者を得て開催致しました。

真田先生は、国際金融の世界にも通じられており、政治、経済、金融の情勢から、中小企業診断士に対する思いまで熱く語って頂きました。今回は、以下のテーマでの話を主に頂きました。

企業が本業で利益を出していけるために、理念、人財、経営資源、情報の重要性。世界情勢について、英米中心の現行の世界秩序とそれを崩そうとする動き。株や為替、金利の動向見通し。 混沌から混乱へと至っているように思われる世界情勢とその中での企業のあり方を整理して、判りやすく解説頂けました。

講演会終了後は土俵のある居酒屋 花の舞に場所を移し、講師も交えてにぎやかな意見交換、情報交換の場となりました。
(阿達道雄会員)