[2017/10/28] 秋大会城東支部説明会実施報告


10月28日(土)、TKP市ヶ谷カンファレンスセンターで東京都中小企業診断士協会秋大会が開催されました。2週連続で台風が近づく週末でしたが、雨足はそれほど強くなく、多くの診断士が集まりました。
今回は、第1部の協会概要、支部活動説明、第2部の研究会・同好会の紹介と企業内診断士シンポジウムに引き続き実施された、第3部の城東支部の支部説明会を取材しました。

城東支部 絶賛宣伝中!!

城東支部 絶賛宣伝中!!

“わきあいあい”城東支部

支部説明会では、大高直美支部長から城東支部の会員の状況や組織体制、支部としての取組について説明がありました。大高支部長の掲げる”わきあいあいの城東支部”をコンセプトに合わせ、少数精鋭で活動しています。

支部説明会はリラックスした雰囲気のなか、大高支部長のご挨拶から始まりました。

そのあとは、部会活動について各部の部長から説明がありました。
主な内容として、広報部からはHP、TOKYO SMECAニュースに掲載する記事の執筆者の募集、能力開発推進部からは城東スキルアップコースの紹介、研究会部からは研究会の紹介、会員部からはビアパーティや女性診断士交流会の紹介、国際部からはインバウンドや留学生交流のお話、地域支援部からは商店会支援や産業展出展の紹介がありました。

各部の説明の様子

次に、研究会活動の説明です。
城東支部認定研究会は現在9つありますが、会員活動の活性化につながるとして10個目の研究会の創設を募集しています。開催場所は区民館、企業の会議室、レンタルスペースなど各研究会それぞれです。

末林和之会員によるJ-Step(行動する診断士の会)の説明では、恒例のJ-Stepポーズも炸裂し支部説明会も盛り上がりを見せました!
なお、J-Stepポーズ炸裂の瞬間を撮ることができませんでした。残念です。。。

グループトーーク!!

後半は診断士活動をするうえで気になる4つのテーマごとにグループトークを行いました。テーマは、①独立診断士を目指す」、②企業内診断士で活躍する、③講師・執筆活動、④協会・支部活動、です。
既存会員の自己紹介とそのテーマに関する話から始まり、その後各々からの質問を受ける形式で進行されました。
8人ほどで1グループを作るため、自己紹介を含めると、そのあとに全員の話を聞くには少し時間が短かったかもしれません。

テーマごとにグループをつくり、気になる点を質問します

協会に入会して診断士活動を進める以上、支部の部会活動、研究会活動にどのように関わっていくか、利用していくかということは多くの方が気になる点かと思います。城東支部を知る意味でよい企画であったと思いますが、時間の制限もあったようです。このあとは自ら行動を起こし情報を得ていかなければいけないと感じました。

次回は機会があれば城東支部の一員として新入会員へ支部を紹介する立場で参加してみたいと思います。
改めまして、今回の「城東支部」支部説明会を企画運営し、会を盛り上げてくださいました皆さまにお礼申し上げます。
(丸田 良廣会員)