【インキュベーションオフィス訪問】チャレンジオフィス船堀


今回、創業支援施設であるチャレンジオフィス船堀に訪問し、お話をお伺いしてきました。(取材日:平成29年12月15日)

チャレンジオフィス船堀は、江戸川区の船堀駅近くに立地しています。新たに創業しようとする方や創業まもない事業者の活動を支援し、区内産業の活性化を図る目的で運営されています。
お話しをお伺いしたのは、江戸川区産業振興課の白石拓也さんです。

今回お話を伺った江戸川区産業振興課の白石拓也さん

施設の沿革についてお聞かせください。

白石さん「この船堀の施設は平成26年5月に運営を開始、今年で4年目を迎え、11室あります。また、江戸川区ではこの船堀の他に小岩駅近くにも創業支援施設を用意しています。小岩の創業支援施設は平成23年10月に運営を開始し、今年で7年目となります。こちらは6室あります。」

施設にはどのような特徴がありますか?

白石さん「まず、安価な賃料が挙げられると思います。市場価格を調査し、その半額程度を目安に賃料を設定しています。また、本施設は24時間利用することができ、万全なセキュリティシステムを導入しておりますので、安心してご利用いただくことができます。
その他、事業活動の相談ができるインキュベーションマネージャーも週2回程度施設に出勤しており、入居者のサポートを行っています。」

どのような業種の入居者が多くなっていますか?

白石さん「士業や教育事業の方が多くなっています。社員数は1~2人といった創業したての事業者様にご利用いただいています。まだ法人化を行っていない方も比較的多いです。」

入居にはどのような手続きが必要ですか?

白石さん「入居を希望される皆様には書類審査と面接審査を受けていただいています。書類審査ではこれから3年分の事業計画と収支計画、雇用計画等を盛り込んだ書類をご提出いただきます。また、面接審査では事業の具体性や経営者としての熱意をうかがいます。」

入居者の悩みで多いものは何ですか?

白石さん「顧客の新規開拓や商品・サービスの価格設定の悩みが多いですね。また、パワーポイント等のパソコンの操作方法でもご相談いただく場合があります。インキュベーションマネージャーは、こういった入居者のお悩みにも対応しています。」

入居者はどのようなメリットを感じられていますか?

白石さん「皆さんからは、賃料が安い、施設の雰囲気が良い、交通の便が良い等のご意見をいただいています。当施設はもともと金融機関の本部だった建物を利用しています。そのため、高級感のある落ち着いた内装となっています。」

金融機関が所有するビル内に施設はあり、入居者にとって、顧客からの信用にもつながるのではと思いました。
本日はどうもありがとうございました。

チャレンジオフィス船堀

https://www.city.edogawa.tokyo.jp/san_jigyosya/sangyo_jigyosya/sougyo_shien/sogyosien/shisetsu_funabori.html
東京都江戸川区船堀3丁目5番24号 朝日信用金庫船堀センタービル6階

問い合わせ先

問い合わせ先 〒132-8501 江戸川区中央1丁目4番1号
江戸川区役所 生活振興部産業振興課計画係(区役所西棟1階2番窓口)
 時 間 月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時
(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
TEL 03-5662-0525(直通)

(関口 大介会員)