[2018/05/09] East-Tokyo Activation Forum(城東アクティベーションフォーラム)活動報告


5月9日(水)、佃区民館において、城東支部活性化プロジェクト第三・第四分科会を引き継いだ、East-Tokyo Activaton Forum(城東アクティベーションフォーラム)(略称 EAF)のミーティング第4回が開催されました。

城東支部には他の支部と同様、様々な方面のスペシャリティを持つ多数の診断士が参加しています。しかしながらその多方面の力を効果的に活用できていないことから、我々EAFでは支部にそのための枠組みを作ることが必要と考えました。

活用に当たって重要と考えるのは、特に「診断士が求めるやりがい」です。
メンバー間でのディスカッションを経て、私たちは企業内・外問わず「適正な報酬を受けとる」ことがその中核であると考えていますが、案件にフルコミットが難しく、スキル蓄積と発揮に自信が持てない企業内診断士にとっては、ハードルが高いものととらえられがちです。

本会では以上を受け、仕事を確保し分担すること、診断活動を行うこと、適正に報酬を分配することが可能な枠組みを作り、それに加えて、顧客の課題解決に必要な「武器」を企業内診断士へ提供したいと考えています。
諸先輩方の活動の賜物である「城東総研」の持つ各機関との関係性を活用し、コンサルティングの中で広く活用されているノウハウを整理、城東支部の知恵をちりばめてカスタマイズして「武器」に変えることで、この課題に対応していきます。
「武器」としては顧客の課題解決に活用できるフレームワークをイメージしています。

スケジュールは以下の予定です。

  • 2018年 4月~6月 ツール案のディスカッション
  • 2018年 7月~9月 ツール制作
  • 2018年 10月~11月 レビュー・調整
  • 2018年 12月~2019年 2月 実企業でのトライアル
  • 2019年 3月 まとめ・発表

活動の経過は城東支部ホームページや、部長会等を通じて皆さんにお伝えしていきます。
どうぞご期待ください!

<第5回予定>
6月6日(水) 佃区民館

(平山 弘之会員)