[2016/2/11]「診断士1年目の会2015」開催報告


2月11日(木)、東京シティエアーターミナルにて、東京都中小企業診断士協会主催の「診断士1年目の会2015」が開催されました。「ルーキーよ、大志を抱け。~志、現在(いま)、そして未来、無限大~」のスローガンのもと、各支部の診断士1年目総勢約80名が集い、交流と懇親を図りました。

DSC_1498

いよいよ開会、写真左から2人目に立っているのが、城東支部幹事の武田明子会員です(幹事は6支部から各1名が選出されます)。長期間にわたる準備、当日の企画、運営など、大変お疲れ様でした。

第1部 交流イベント「自分軸発見」

第1部交流イベント「自分軸発見」では、メディアプロデューサー千種伸彰先生による「かけ算で資格を高める」と題した講演、参加した診断士6~7名を1チームとするグループ・ディスカッション、税理士でもある遠藤直仁先生からのビデオレター紹介等、盛りだくさんの内容でした。

DSCN0185

このうち、グループ・ディスカッションでは、診断士として「あるべき姿、求められるスキル、今後の姿」についてグループで討議し、まとめ、発表を行いました。初対面の診断士同士が意見を出し合い、集約し、簡潔にまとめる必要があり、他支部の診断士から得るものも多く、大変刺激を受けました。

第2部 懇親会

引き続き第2部では、立食形式の懇親会が開催されました。実務補習の際にお世話になった指導員の方々も加わり、近況報告はもちろん、お酒も入り和やかに同期の診断士の方々と懇親を深められ、とても貴重な時間となりました。

写真は城東支部代表として「5年後の自分」を発表する田中和哉会員です。

写真は城東支部代表として「5年後の自分」を発表する田中和哉会員です。

 

各支部に先んじて、一番に集合写真を撮った城東支部の面々です。

各支部に先んじて、一番に集合写真を撮った城東支部の面々です。