[2017/12/10]東向島駅前商店街/ウィンターフェスタの開催報告


12月10日(日)、墨田区の東向島駅前商店街にて、冬恒例のイベント「ウィンターフェスタ」が開催されました(主催:東向島駅前商店街振興組合)。

前日まで厳しい寒さが続いていましたので天候について心配しておりましたが、当日は、晴天に恵まれ、イベント日和となりました。
末林和之会員の掛け声で始まり、商店街理事長の挨拶の後に高田直美会員が全体を統制しながら、城東支部の診断士16名が参加をしました。

オレンジ色の商店街特製のジャンパーを着用し、まずは、会場設営のため、テント・テーブル・来街者の休憩用の縁台などを歩行者天国にした駅前の通りに搬入し、少しコツがいるテントの組み立てについては、サマーフェスタ経験者や商店街の方に聞きながら、十数張りを効率よく設置していきました。

会場の設置が終わると、各々担当の場所に分かれ、手伝いを行いました。

11時にウィンターフェスタが始まると、焼き餅や豚汁のにおいに誘われるように、人が増えはじめ、体が温まる野菜たっぷりの豚汁は、昼には完売し、炭火で焼いた焼き餅やその焼き餅を入れたお汁粉も早い時間に売り切れました。来街者として、長身&美形で有名な欧州出身の元大関も訪れ、その他、模擬店、フリーマーケットなどの各ブースともにたいへん賑わいました。

【あつあげ焼き 大好評でした!】

【体が温まる豚汁・お汁粉・焼き餅 も大人気でした!】

福引については、2台のガラポン抽選器を使って、多くの来街者に対応することができ、1等~8等の豪華賞品が当たるということもあり、たいへん盛り上がりました。8等は、バナナ、みかん、大手ファーストフード無料券などから選ぶのですが、数分間どれにするか悩む子供がいるなど微笑ましい場面もありました。

【福引は、毎回大好評です!】

休憩所では、12時、13時、14時の3回、城東支部会員がお手伝いしている「寺島・玉ノ井まちづくり協議会」が企画・運営する「たもんじ交流農園」プロジェクトの公開説明会を末林和之会員が来街者に行い、農園プロジェクトへの賛同者を募りました。

【「たもんじ交流農園」プロジェクトの公開説明会です】

15時になると全員で協力して、手際よく、テントや机、椅子などを撤去しました。そして最後に商店街の皆様と全員で3本締めを行い、記念撮影をしました。

【終了後、全員で記念撮影をパシャリ!】

私は、和菓子屋模擬店のお手伝いをする機会をいただきました。お店の方から商品の味・売り方・作り方などをお聞きし、商品を製造・販売することの難しさ、奥深さを改めて実感するなど、貴重な体験をすることができました。フェスタのお手伝いを通して、東向島商店街の皆様、寺島・玉ノ井まちづくり協議会の皆様が地域活性化に取り組んでいることに感銘を受けました。次回もお手伝いする機会があれば、ぜひ参加したいと思います。

今回も多数の来街者に関わらず、無事終了することができました。ご協力をいただいた皆様に厚くお礼を申し上げます

(大澤 敏和会員)