江戸川区役所 生活振興部産業振興課に訊いてきた。中小企業支援・創業支援のこと


写真1江戸川区役所
江戸川区では中小企業支援として、どのようなことを行っているのか、広報部齊藤久美子がお話を伺ってきました。

1.ものづくり産業の活性化

写真2職人
写真3伝統工芸

江戸川区役所の玄関わきのスペースには伝統工芸実演コーナーがあり(期間限定)、江戸川の工芸品の展示が行われていました。江戸川区名産品は篠崎文化プラザほか8か所で常設販売がされています。ものづくり産業の活性化に力をいれています。えどがわ伝統工芸産学公プロジェクト2014では伝統的な技術を生かして新しい商品を開発しました 。

写真4えどコレ
「えどコレ!」総合カタログは名産品を紹介する無料冊子で、こちらに紹介されている商品は平成22年から楽天市場での購入が可能になり、販路拡大につながっています。株式会社CUCサポートとの契約で事業を行っているものです。「えどコレ!」で検索して江戸川区のものづくりに触れてみませんか?

えどがわ産業ナビ(ホームページ)は製造業のアピールの場所として始まったものでしたが、現在は様々な業種が登録しています。ニュースやキャンペーン情報など楽しい内容になっているので覗いてみてください 。

写真5産業フェア・エドレンジャー
「産業ときめきフェア」は江戸川区の産業に親しんでいただくための産業展として開催され、2015年11月20・21日に17年目を迎えます。たくさんの来場者で賑わっています。東京中小企業診断士協会城東支部がブース出展し、様々な相談にお応えしています。

商店街ニューヒーロー「エドレンジャー」も活躍していますよ。

2.中小企業融資の支援が充実しています。

写真6創業支援
昭和49年から信用保証料の補助を行っており、また利子補給は昭和61年から行っています。融資限度額は大きく、目的に合わせて6つの制度が用意されています。中小企業相談は窓口での相談と専門家の派遣を無料で行っています。中小企業診断士や他の士業が相談に応じています。東京中小企業診断士協会城東支部の会員が活躍しています 。

創業支援では事業計画作成を支援するサービス(ゼミナール)やインキュベーション施設(チャレンジオフィス小岩等)があるので創業者の強い味方となっています。(取材日:2015/10/30)