[2018/01/27] 図書館ビジネスセミナー「地域貢献活動のすすめ」実施報告


葛飾区立中央図書館・立石図書館と城東支部のコラボレーション企画の一つであるビジネスセミナーは、2017年度は今回を皮きりに全8回が予定されています。トップバッターとして、1月27日(土)午後2時より立石図書館において、鈴木康文会員によるセミナーが開催されました。当日は都内でも氷点下を記録する寒空でしたが、21名の受講者にご来場いただきました。

(1)地域貢献活動のすすめ~あなたの視点で街を元気に~

今回のテーマは地域資源を活かした地域への貢献方法を探るというものでした。一見難しそうなテーマですが、知識のない方にとっても分かり易い内容にまとめられていて、非常に洗練されたセミナーであったと感じました。

まず、自治体任せで行うには限界があることを過去の国の施策例から学び、地域が主体となって行う必要があることを確認した後、地域貢献活動の成功事例を紹介して前半を終えました。そして後半は「葛飾ならではの地域資源」を活用した「葛飾への貢献活動」を、講師の視点による貢献活動案を参考に個々人で考えてみる、という流れで進められました。

地域貢献活動のポイントは4点、①地域資源を活用する(大きく農林水産品・工業製品・歴史文化の3つの分野に分類される)、②まずは始めてみる、③いろんな人と連携する、④ターゲットを意識する、というものでした。また、講演の中で紹介された地域の事例はどの事例も講師自らが足を運んで取材・収集したものだけあって、中小企業診断士の私たちにとっても非常に参考になるものでした。紹介事例は以下の3案件です。

【事例1】高知県室戸市の海藻養殖(農林水産品+工業製品)
【事例2】越後妻有/新潟県十日市町・津波町のアートイベント(歴史文化)
【事例3】千葉県市川のなし(地域ブランド)

終盤で行われたワークでは①葛飾区の地域資源を探し、②見つけた資源をどのように活用できるか、を考えました。受講者からは活発な意見が出され、地域貢献活動という今回のテーマに対する関心の高さを感じました。

(2)葛飾ケーブルテレビの取材

当日は地域のイベント情報を報道するという趣旨で葛飾ケーブルテレビ「株式会社ジェイコム東葛葛飾(ジェイコムとうかつかつしか)」様の取材がありました。セミナーのテーマが地域貢献活動でしたので取材対象としては最適であったと思います。開始からワークに入るまでの全ての講演を収録されていました。2月1日(木)午後6時頃のデイリーニュースにて放映されました。

(3)セミナーを受講しての所感

ビジネスセミナーは、城東スキルアップ事務局の指導により「リハーサル(チェックリストによる評価)」→「本番」という流れで、各講師が準備を進めています。今回12月下旬に行われたリハーサルの時点では、情報量が多く知識のない方には少々難しく感じられる内容でしたが、指摘事項は本番までの1か月足らずでしっかりと修正されており、非常に完成度の高いセミナーになっていたと感じました。次回の立石図書館ビジネスセミナーを担当させていただく私にとっては、スライドの構成や配布資料、ワーク等での受講者とのコミュニケーションや進行など、全てにおいて参考となるものでした。今回の受講で得たものをしっかりと吸収し、次回のセミナー受講者にも満足していただけるセミナーとしたいと感じました。

●図書館ビジネスセミナーの実施状況は城東支部YouTubeチャンネルで公開されています。こちらもご欄ください。
https://youtu.be/UJgEeJvC9PY

●平成29年度下半期 葛飾区立図書館ビジネスセミナーの予定
http://www.johtoh-smeca.jp/info/katsushika-libsupport_2018_pre/

(海老沼優文会員)