[2018/02/11] 図書館ビジネスセミナー「勉強中毒のすゝめ」実施報告


葛飾区ビジネスセミナーの3回目が2月11日(日)に青柳元訓会員を講師として開催されました。今回のセミナーは、幅広い層から興味・関心をいただき、図書館ビジネスセミナー歴代最速の1週間で50名の定員に達し、受付終了となりました。
今回のテーマは勉強継続の方法を知り、勉強中毒になるキッカケをつかむという目標を掲げ、高校生時代に学年最下位の成績を経験した青柳元訓会員が、どのように受験や就職、資格取得を成し遂げてきたのか。実体験と研究結果の引用からすぐにできるノウハウを明らかにしていきました。

(1)勉強中毒のすゝめ -忙しい人のための勉強を継続させる方法-

冒頭で、勉強中毒とは、勉強を開始する⇒勉強を継続する⇒目標を達成する⇒新たな目標を見つける⇒勉強を開始する、というループのことと定義しました。
「勉強したい理由はなんですか?」という青柳元訓会員からの問いにより、勉強する目的をハッキリもつことが勉強継続のカギになることが紹介されました。目的・ゴール・目標の違いなどから、目標が勉強継続の重要な道しるべとなり、人生の目的を達成するためのゴール、目標を決めることの重要性を解説しました。

勉強の悩みで一番多い、やる気が起きないという問題。解決策として習慣づけが有効であると紹介されました。習慣とは、無意識にできる行動であり、勉強も習慣にしてしまえばよいとのこと。その後、時間管理、集中力、休憩方法、勉強方法、というテーマで進行していき随所にすぐ使えるノウハウを、ワークを交えながら紹介していきました。
セミナー終了後には、個別に質問を希望する受講者の方が行列になるほどの反響を呼び、セミナー内容への納得感の大きさ伺わせる光景となりました。

(2)セミナーを受講しての所感

満員御礼の中、後ろから受講風景を観察していますと、青柳元訓会員の経験に基づくノウハウが紹介されるごとに、大きく頷かれる光景が広がりました。次回の中央図書館ビジネスセミナーを担当する私にとっては、受講者が共感できるポイントやワーク等での受講者とのコミュニケーション、進行など、参考にしたい個所がふんだんに含まれているものでした。今回得たものを活かし、次回のセミナー受講者にも満足していただけるセミナーとしていきます。

●図書館ビジネスセミナーの実施状況は城東支部YouTubeチャンネルで公開されています。こちらもご欄ください。
https://youtu.be/Aa1VIJMuzKI

●平成29年度下半期 葛飾区立図書館ビジネスセミナーの予定
http://www.johtoh-smeca.jp/info/katsushika-libsupport_2018_pre/

(原慎之介会員)