[2016/1/23]城東支部国際部主催 新春講演会報告


城東新春講演会

毎年恒例の新春講演会を開催

城東支部では毎年大好評を博している、愛知淑徳大学ビジネス学部長の真田幸光先生をお招きしての新春講演会を1月23日(土)に開催しました。真田先生の新春講演会は今年で3回目となりますが、独自の切り口で語られる国際情勢や世界経済のお話を毎年楽しみにしている会員が数多くいます。

真田先生は今話題の大河ドラマ「真田丸」でも有名な真田家の末裔であり、講演の冒頭では「真田家の教え」など大変興味をそそられるお話からスタートしました。本題の講演では、世界は今「混沌」→「混乱」→「無秩序」の方向に向かっているとの認識のもと、現行の世界秩序を揺るがす要因として

  • 米中の覇権争い
  • 国家の枠組みの崩壊
  • 過激派の台頭

を指摘されました。

また後半では「中国株下落」「サウジ対イランの対立」「北朝鮮水爆実験」「連続テロ」「台湾選挙」など今年に入って起きた世界的事件に触れ、それぞれの背景と相互の関連性を分りやすくお話いただきました。このような世界経済の先行き不安感が広がる今だからこそ、自らのスタンスをしっかり構えることの重要性を再認識した、とても有意義な講演会でした。
(増田憲二会員)