[2017/08/26・27] 大島中の橋商店街(サンロード中の橋)の夏祭り手伝い記


月最終の週末に大島中の橋商店街(サンロード中の橋)の夏祭りが開催されました。  大島中の橋商店街はとても元気な商店街で、昨年10月にはテレビ東京「出没!アド街ック天国」でも紹介されています。また、この商店街の夏祭りは、城東地区で一番派手といっても過言ではないと思われます。

夏祭りのメインは、日曜日の夜に行われるサンバチームのパレードです。今年も浅草サンバカーニバルのS1(トップ)リーグ5位入賞の「アレグリア」さんが出演しました。大島中の橋商店街とはご縁があり、約20年前にサンバカーニバルがスタートし、今日に至っているそうです。パレードを見るために遠方から来られる方も多いと聞いています。カーニバルは、ダンサーさん約15名と20名程の楽団による、とてもダイナミックなパレードで、商店街の端から端まで約40分かけて2往復し、最後は商店街内の広い駐車場内にて「クライマックス・パフォーマンス」で終了しました。

今回は、長年にわたり当商店街の支援を行っている小貫直之会員の呼び掛けにより、城東支部の5名の中小企業診断士が、サンバカーニバルの準備とパレードの誘導、さらに夏祭りの後片付けを行いました(8月28日)。サンバチームが円滑にパレードできるように誘導を任されましたが、気がつけばサンバカーニバルの熱狂的な盛り上がりと迫力に圧倒され、商店街の皆さんと一緒になって盛り上がってしまいました。

当商店街では、10月21、22日にも大きなイベントである「秋祭り(ハロウィンパレードなど)」が開催され、城東支部もお手伝いを予定しています。このお祭りも商店街のみなさんが工夫し、会社の宣伝になるとの理由を説明して、多くの企業からお菓子などたくさんの商品の提供を受け、地域の子供たちに配っています。こちらも大変喜ばれています。もちろん地域の多くの老若男女による仮装もあり、大変盛り上がるイベントとなります。中小企業診断士が支援している他の商店街にも参考になる事例だと思います。

今回の支援(夏祭り応援部隊)も、当商店街振興協会幹部の皆さんに大変感謝されました。地域住民ではないのに、さらに皆さんとの距離も近まった気がしました。個別会社や商店の支援は当然のこと、地域支援という大きな使命の中で、今後もお祭りだけではなく、地域コミュニティーの重要な拠点となる商店街の活性化を、地域に溶け込みながら応援することは、中小企業診断士の重要な役割だと思います。

皆さまぜひとも大島中の橋商店街へ、お祭りへの参画、見学含めて、一度お越しいただきたいと思います。

(幸田 悦男会員)