“まちなか農園”創設で、まちおこし!!~「すみだに緑を!」「つながる墨田区!」実現へ~


「寺島・玉ノ井まちづくり協議会」(以下、「てらたま協議会」)は、墨田区の北側、東武スカイツリー線「東向島」駅地域を中心に、寺島・玉ノ井地区の活性化・地域連携を目的とした“まちおこし活動”を行っている団体です。私と、末林和之会員、伊藤智昭会員の3人が、中小企業診断士として、お手伝いをさせていただいています。

かつて当地にて栽培が盛んであった「寺島なす」という小ぶりですが味わい深い江戸野菜の復活をまちおこし活動の中心テーマとし、駅前に「寺島なす」プランターを設置、「寺島なす」を使ったメニューの開発と参加飲食店の勧誘、マスコミ等への情報発信など、様々な活動を展開しております。しかし、墨田区には、現在、農地・農家がありません。何としてでも寺島地区で江戸野菜を栽培したい。その夢がやっと実現に向けて動きだしました。

隅田川七福神の一つとして知られる多聞寺(墨田区墨田)様のご好意により、境内裏の空き地をお借りすることができました。念願であった、まちなか農園「たもんじ交流農園」の開発に着手することになったのです。(多聞寺様の空き地をお借りして開園しますが、企画・運営は、あくまで「てらたま協議会」が行います。)

“たもんじ交流農園”のテーマは、墨田区に、江戸野菜、寺島なすの栽培を復活させ、栽培することを通して、様々な人々が交流し、コミュニケーションを図ることです。
全体のイメージとしては、江戸野菜を皆で一緒につくる畑があります。また、団体さんや、個人の方が、自由に江戸野菜を作る畑もあります。そして、年間を通して、収穫祭やピザ焼きパーティー、料理教室、食育や歴史の勉強会など、様々なイベントを開催します。地域内外の人たち、子供さんから、高齢者の方々まで多世代の人たちが、皆で話し合い、一緒に楽しめる、墨田区を元気にする場を提供することが、私たちの一番の目的なのです。

たもんじ交流農園イラスト(田村画)  たもんじ交流農園初年度

農園開発のための資金調達に関しては、墨田区が主催する「すみだの夢応援助成事業」に応募し、公開プレゼンの結果、トップの評価をいただき、助成事業対象先に選定されました。これは、墨田区が、ふるさと納税を利用して行うクラウドファンディングです。お蔭様で、8月20日に目標額の100万円を達成しました。ご支援・ご協力下さった皆様方に心から感謝申し上げます。ただ、2017年度は3年計画の初年度です。まだまだ、資金は足りません。今年度もさらに目標額を100万円上乗せして、12月末まで、ご寄附の募集を継続させていただくつもりです。これからでも間に合います。ご主旨にご賛同いただいた皆様には、引き続きのご支援方、宜しくお願い致します。

「ふるさとチョイス、まちなかだからこそ」
https://www.furusato-tax.jp/gcf/167
QRコード「ふるさとチョイス、まちなかだからこそ」

また、「寺島なす」を中心とした我々協議会の活動をより多くの人々に知っていただく目的で、昨年11月19日(土)・20日(日)に、「江戸に浸かる。~遊ぶ・食らう・感じる~下町に夢」という大イベントを開催しました。これは、「旧向島中学校跡地」に屋台やアートで、江戸の町を再現し、江戸時代にタイムスリップして、江戸の人々の暮らしぶりや食べたもの、子どもたちが遊んでいた遊び等、江戸時代を五感を使って体験することができるイベントで、のべ1,000人を上回る方にご来場いただきました。

江戸に浸かる.2016風景

その「江戸に浸かる」イベントを、今年も9月23日(土)・24日(日)の二日間にわたって開催することとなりました。今回も昨年に引き続き、江戸のまち並み・暮らしぶりを再現します。大道芸、お江戸ファッションショー、移動屋台影絵などなど、昨年を上回る内容を企画しております。さらに、「つながり」をテーマに、開発に着手した「たもんじ交流農園」とのつながりを示すべく、「聖火リレー」ならぬ「青果リレー」等で地域全体を盛り上げる計画も立てております。是非とも、江戸の町に一緒にタイムスリップしてみましょう!

なんといっても、「てらたま協議会」のメンバーの方々が素晴らしいです。非常に個性的で、皆さんが凄い知識と技をお持ちです。何よりも、皆でわいわいがやがや楽しんで元気に騒ぐのが好きな人たちの集まりです。つながる輪を大切に、来るもの拒まずの精神で、過去と未来、人と人、地域と地域が、どんどん繋がっていきます。この人たちと一緒なら、何でもできてしまうような気がしてきます。
私ども診断士も、NPO法人化の手続き、ふるさと納税型クラウドフェンディング応募、墨田区役所と連携した各主イベントの企画、墨田区内企業へのご寄附のお願い、そして、なによりも、「まちなか交流農園」創設による“まちおこし”の実践と、診断士としての、知識・スキル・ネットワークをフルに活用してお手伝いしていきたいと思っております。

皆様方のご支援・ご協力方、よろしくお願い申し上げます。
(小川 剛会員)