[2017/07/01~] 葛飾区創業塾(新小岩支援施設)を実施しました


7月1日(土)から8月5日(土)にかけて、新小岩支援施設にて葛飾区創業塾を実施しました。
葛飾区創業塾は、産業競争力強化法に基づく創業支援事業計画の認定「創業塾」であり、5月の立石図書館を皮切りに、7月に新小岩支援施設、9月に中央図書館と、3会場で開催されています。城東支部スキルアップコースの卒業生が協力し、講師・事務局を担当しています。

参考 [2017/05/13] 葛飾区創業塾が開講しました
http://www.johtoh-smeca.jp/info/sogyokatsushika_2017report1/

会場となった「葛飾区新小岩支援施設」は、旧葛飾区立松南小学校の校舎を改修した貸し事務所です。研究開発、情報・環境関連サービス産業などの新分野の創業(起業後5年以内)を目指す方を対象に事務所の貸し出しを行っており、中小企業診断士などによる経営相談や、今回のようなセミナーを行っています。

葛飾区新小岩支援施設
http://www.city.katsushika.lg.jp/tourism/1000066/1004930/1004954.html

概要

創業塾は全5回のカリキュラムで、最初の4回で創業に必要な体系的な知識を習得し、最終講義の5回目で、創業塾で得た知識と受講生の想い・考えを掛け合わせて作成した事業(創業)計画書の発表を行います。
講義では、一方的な知識の伝達にとどまらず、受講生同士によるディスカッションや個人ワークなども取り入れられています。ディスカッションでは、前向き、かつ真剣に自身の事業について考えている受講生が多く、熱心に取り組まれている様子が印象的でした。
ワークでは、顧客への商品・サービスの認知方法や、損益計算などで難航されている受講生もいて、中小企業診断士としてできる限りの支援を行いました。
最終回には受講生全員に事業計画書を発表していただき、それぞれの事業内容について、受講生同士や講師・事務局からアドバイスを行いました。受講生自身の考えを事業計画という1つの成果物にまとめることとともに、客観的なアドバイスを聞けることで、今後のスタートを切る良い切っ掛けとなると考え、アドバイスの際には、受講生の想いを汲み取りつつも、多面的なアドバイスをするように心がけました。

創業塾_新小岩_01

創業塾_新小岩_02

創業塾_新小岩_03

講義以外にも個別相談やランチ会などを行い、交流を図りました。葛飾区の創業支援制度や信用保証制度などについても、区や東京都信用保証協会のご担当者から、それぞれご紹介していただきました。

 今後の活動

次の創業塾は、9月2日(土)から、女性創業者を対象として中央図書館(葛飾区金町)で開催します。
葛飾区の創業をさらに盛り上げていけるよう、講師・事務局一同取り組んでいきます。

葛飾区創業塾講師・事務局メンバー(五十音順、敬称略)
池田史子、木内清人、鈴木美穂子、武田明子、橘真美子、波多埜宏幸、福永真美、布能弘一、本田一也、横山和志

(布能 弘一会員)