城東支部について

一般社団法人東京都中小企業診断士協会城東支部について
-東京都城東地域を中心に活動する中小企業診断士の団体です-

城東支部組織図

中小企業診断士とは?

中小企業支援法第11条の規定に基づき、経済産業大臣の登録を受け、中小企業の経営診断の業務に従事する国家資格者です。
→詳しくは、中小企業庁ウェブサイト(「中小企業診断士」関連情報)
http://www.chusho.meti.go.jp/shindanshi/index.html

一般社団法人中小企業診断協会(連合会)

○昭和29年(1954年)に、中小企業診断士を会員とする全国組織団体(当時の民法上の公益法人)である「社団法人中小企業診断協会」として発足しました。
○平成20年(2008年)12月に施行された公益法人改革に対応して
・平成24年(2012年)4月からは、各都道府県の中小企業診断士協会を会員とする連合会組織となり(中小企業診断士は各都道府県協会の会員となる)、
・平成25年(2013年)4月からは、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律の規定に基づく一般社団法人に移行しました。
○また、中小企業支援法の規定に基づく経済産業大臣の指定・登録を受け、中小企業診断士試験、実務補習、理論政策更新研修の実施機関となっています。
→詳しくは、一般社団法人中小企業診断協会ウェブサイト(中小企業診断協会について)
http://www.j-smeca.jp/contents/001_kyokainitsuite.html

一般社団法人東京都中小企業診断士協会(東京協会)

○平成24年(2012年)4月、公益法人改革に対応した中小企業診断協会の連合会組織化に対応し、社団法人中小企業診断協会東京支部(昭和34年(1959年)発足)を母体として発足しました。
○東京都における中小企業診断士の組織団体として、

・中小企業の経営の診断及び経営に関する助言、調査研究及び関係機関への提言
・地方官庁、その他関係団体及び諸機関との連絡、協力並びに提携
・協会会員のための診断支援業務の受託及び斡旋

等の事業を行うほか、中小企業診断協会の委託を受け、中小企業診断士試験、実務補習及び理論政策更新研修に関する業務を行っています。
→詳しくは、一般社団法人東京都中小企業診断士協会ウェブサイト(東京協会のご紹介)
http://www.t-smeca.com/tokyo_shibu/index.html

城東支部

○東京協会は、東京都内を6地域に分け、中央、城東、城西、城南、城北、三多摩の支部を設けています。
東京協会の会員は、いずれかの支部に所属することとなっています。
○城東支部は、足立区、江戸川区、葛飾区、江東区及び墨田区を担当地域とする支部です。
○支部には、以下のような運営のための組織を置いています。
・支部大会:支部会員をもって構成し、支部の運営に関する事項を報告する会議体です(定例として年に1回開催)。
・執行委員会:執行委員をもって構成し、支部の業務の執行に関すること、支部大会で報告すべき事項等について審議を行い、議決する会議体です(定例として年に3回開催)。
・部長・委員長会:支部長、副支部長及び各部長・委員長をもって構成し、支部の運営に関し必要な事項を処理しています(定例の会議は毎月1回(8月を除く))。
・部・委員会:城東支部においては、東京協会の各部に対応して、総務、経理、広報、能力開発推進、研究会、会員、国際、地域支援、事業開発、実務従事支援、及び渉外の11部を設置しており、各部には部長、副部長、部員を置いて活動しています。

各部活動紹介

副支部長、研究会部長 栗山 治

—普段の活動内容や部員の様子についてご紹介ください。
研究会部は残間部員、橘部員、と私を含め3名で、城東支部の盛り上がりのために、研究会支援を通じて実施すべき施策やイベントなどを検討しております。

—今年度、特に力を入れていること(力を入れたこと)について教えてください。
今年度、城東支部の研究会規程が成立して3年が過ぎました。その間、10団体の研究会が認定されました。各研究会はレベルの高い活動を活発に実施されています。
更に、認定研究会が増えてくれることを期待しますとともに、各研究会に対し、支援を継続してまいります。

—自らの活動によって、城東支部がどのようになることを期待していますか。
多くの研究会が設立され、活発な活動をされることにより、会員の皆様が一人でも多く、参加されることで、城東支部が盛り上がることを期待しております。
皆さん!是非、城東支部の研究会に参加して頂くことをお願い致します。

総務部長 佐野 勝志

—普段の活動内容や部員の様子についてご紹介ください。
総務部は、城東支部の諸行事、会員の皆様の活動を支えるインフラ的存在、いわば縁の下の力持ちです。主な活動としては、支部大会や賀詞交歓会(新年会)の準備・運営、部長・委員長会などの議事録作成があります。部員は18人となり、引き続き各部における最大勢力となっております。原則、奇数月の第3金曜日に総務部会を開催し、また総務部のメーリングリストで随時情報交換をしています。有能な部員が揃っており、支部全体のことを知るには格好の場となっております。

—今年度、特に力を入れていること(力を入れたこと)について教えてください。
5月の支部大会は、懇親会へ葛飾区長にご出席いただくとともに、墨田区長からはご祝辞を賜るなど、今年も難易度の高い運営となりましたが、質量共にパワーアップした部員と皆様のご協力のおかげで無事に乗り切ることができました。
賀詞交歓会(新年会)は1月の開催となりますが、他部とも協力して有意義な企画としたいと思います。また、昨年から本格スタートした支部活性化プロジェクトの成果が着々と出始めております。その他、支部の企画的な機能を引き続き担っていきたいと考えております。

—自らの活動によって、城東支部がどのようになることを期待していますか。
何事もなく無事にやって当たり前というプレッシャーの中、支部行事などが円滑に運営されることで、会員の皆様が活発に活動してくれることを期待しています。さらに、会員にとって参加しやすい城東支部となるよう支えて参りたいと思います。

広報部長 松井 淳

—普段の活動内容や部員の様子についてご紹介ください。
広報部は、月一回発行のSMECAニュースの原稿作成・編集や、本城東支部ホームページおよび城東メルマガでの情報発信等、各種広報活動を通して、会員の皆様の情報交流のプラットフォームとなることを目指しています。

—今年度、特に力を入れていること(力を入れたこと)について教えてください。
特に、急速に進歩するICTを積極的に活用することで、情報発信の敷居を下げ、会員の間の情報交換が活発化するような仕組みづくりに取り組みたいと考えています。皆様の日々の活動を広く情報発信するお手伝いをいたしますので、お気軽にご連絡ください。

—自らの活動によって、城東支部がどのようになることを期待していますか。
城東支部の400名以上の会員の多様な活動を、行政機関や地域の支援機関、中小企業の方々に知っていただくことで、中小企業診断士をもっと身近な経営の支援者として認知していただき、その結果、城東支部会員の活動の場が一層拡がるような活動を目指します。

会員部長 長岡 美恵子

—普段の活動内容や部員の様子についてご紹介ください。
会員部は、会員の皆様が支部の活動に参加しやすくなるよう、会員間の情報交換や交流のための各種イベントを企画運営しております。また、東京協会主催のスプリングフォーラムなどのイベントの運営にも携わっております。
会員部員は、現在10名。「わくわく」を大切に、会員の皆さんが楽しむ姿を想像しつつ、自分たちも楽しみながら、年間を通じて会員の皆様の交流の場を企画運営しております。

—今年度、特に力を入れていること(力を入れたこと)について教えてください。
独立・企業内共に、診断士の資格を活用したいと思った時に、同じ資格を持つ先輩や仲間の存在は大きいものです。
今年は、特に、これからどう資格を活かしていくか考えている、最初の診断士更新を節目とする5年目くらいまでの方々が、一歩踏み出すきっかけとなるような場づくりを目指します。
また、昨年のワイナリー見学に続き、今年も楽しみながら豆知識が得られるイベントを計画しています。

—自らの活動によって、城東支部がどのようになることを期待していますか。
城東支部には400名以上の会員の方がいらっしゃり、独立・起業内を問わず様々な場で活躍されています。そんなプロフェッショナルな皆様同士が“寛いだ気持ちで交流する場”が、仕事のヒントを得たり、活躍の場を広げるきっかけとなることを期待しています。
また、会員部で企画するイベントが、「協会や支部が主催する診断活動や研究・研修に、興味はあるけど・・・」「資格を活かして何か始めたいけど・・・」など、新たなことに踏み出す初めの一歩となる魅力的な場づくりを目指しています。

国際部長 阿達 道雄

adachi

—普段の活動内容や部員の様子についてご紹介ください。
城東支部国際部では、会員の皆さまに関心を持っていただけるような企画を検討、実施しています。中小企業の海外進出といった案件に関わっている方はもちろん、訪日外国人向けの売上を増やしたい、世界の動きを知りたいといった普段は国内向けの仕事をされている皆様にも関心を持っていただける内容を取り上げていきたいと思います。他支部の国際部と協力しての東京協会国際部としての活動や、懇親の企画なども行っています。
現在、部員は10名程です。イベントの企画、実行のため数か月に一度部会を開いて集まっています。独立の方、企業内の方など様々ですが、特長を生かして積極的に参加してもらっています。国際部の活動に関心ある方の参加はいつでも歓迎です。

—今年度、特に力を入れていること(力を入れたこと)について教えてください。
地域支援部と連携して、城東の皆さまに関心を持っていただける身近な国際化に関わる企画を行っていきたく思います。第一弾としては6月23日に日本のモノづくりを世界にというコンセプトを掲げて急成長中の「ファクトリエ」山田社長の講演会を行いました。
この他に商店街のインバウンド対応支援(訪日外国人対応)に関わる取り組みを行いたく考えています。商店街インバウンド支援は、東京協会国際部としても取り組もうとしていますが、城東としても企画等を進めたいと思います。この他にも講演会等の企画も随時検討して参ります。

—自らの活動によって、城東支部がどのようになることを期待していますか。
国際化ということをより身近に感じて頂き、多くの会員の皆様に関心を持っていただくきっかけとなればと思います。また、支部活動の活性化、会員相互の懇親を深める機会の一助となれば嬉しく思います。

地域支援部長 相川 佳寛

—普段の活動内容や部員の様子についてご紹介ください。
大きく分けて2つあり、城東支部地域支援部独自の活動として、各区担当者が中心となり、区・信金等と連携した支援事業や、各種産業展への出展、商店街支援事業、その他イベントの企画・開催等と、東京協会地域支援部の活動の一環として、地域支援実践集、中小企業施策活用事例集の制作・編集、災害復興まちづくり支援機構と連携した復興支援への協力等がございます。
産業展については、年に3回、葛飾区、墨田区、江戸川区に出展し、地域の中小企業の相談窓口・経営支援等を行っております。商店街支援事業につきましては、江戸川区と連携した商店街プロデュース事業において実務従事を行ったり、城東地区の商店街からイベント等の協力要請がある際は、人手を募り、皆で協力してイベントの成功や集客に寄与し、後日、イベント内容に関して診断士としてフィードバック等も致します。
その他、地域支援実践集は、地域振興や地域活性化の業務に従事する場合の支援ノウハウを集め提供する他、中小企業施策活用事例集は、行政・支援機関に対して施策の有効性や効果をお伝えしたり、施策への理解不足や申請時の複雑な手続きなどを指摘した改善提案を行うことで、中小企業診断士の職域拡大を図ることを目的として制作しております。
部員は現在8名で、東京協会担当者、支部担当者と分かれており、東京協会の部会は毎月、支部の部会は隔月ペースで部会を行っております。その他、商店街支援事業の各担当者も、各商店街のイベントにお手伝いに来て頂く皆様も、全員、地域支援部の仲間です。

—今年度、特に力を入れていること(力を入れたこと)について教えてください。
今年度より、寺玉・玉ノ井街づくり協議会と連携し、墨田区の多門寺に農園をお借りして江戸野菜を育成するプロジェクトを立ち上げました。実際に城東支部のメンバーで野菜を育て、農家の苦労や収穫の喜びを学びながら、収穫祭のイベントや、江戸野菜の歴史を学んだり、ブランディングの講師や実際の農家を呼んでお話しを聞く等、様々なイベントを企画していく予定です。<これは他支部には無い取り組みだと自負しております(笑)。>
その他、昨年度、一昨年度と2年連続で国際部と連携して、留学生を商店街のイベント等に招聘し、外国人からみた地域活性化についての意見交換を行う等のインバウンドイベントを企画・開催しましたが、今年度は、更にブラッシュアップしたイベントを検討していきたいと考えております。
その他、昨年度で東京協会地域支援部の商店街支援事業が無くなってしまったため、今後は、江戸川区と連携した商店街プロデュース事業を活用し、支部独自での支援活動が出来るよう、受入先の商店街を増やす等、今後も各地域の人脈作りや、診断士の活躍の場を広げる活動に力を入れたいと思っております。

—自らの活動によって、城東支部がどのようになることを期待していますか。
地域と連携して中小企業・商店街を応援していくという、重要な任務を任されておりますので、城東地区の地域活性化に貢献出来る様、また、診断士の活躍の場を増やせる様、城東支部宣言にある「城東に夢と笑顔を創る」ことが出来るよう、頑張って行きたいと思います。また、私のような診断士歴が浅い若輩者でも活躍の場が与えられる「城東支部」の風通しの良さ&フレンドリーさを、若手・新人診断士にどんどんアピールし、今後も仲間をどんどん増やして行ければと思っております。

事業開発部長 森下 真一

morishita-150x150

—普段の活動内容や部員の様子についてご紹介ください。
もともとは診断士の活動領域を広げ会員各位の業容の拡大のための「事業」を開発していく目的で設置された部署で、中小企業診断協会の東京支部から一般社団の東京都診断支会という組織改正を機に外部組織との連携を深める方向で活動していきましたが、基本の役割は変わりません。
具体的には、月一度各支部から役割を担ったメンバーが内・外部から提起されたアイデアにつき検討、試行を行っています。外部との連携が主たる要素なので、外部組織との打ち合わせなどが中心となるのですが、その役割分担なども月例会で話し合われます。

—今年度、特に力を入れていること(力を入れたこと)について教えてください。
先にもふれた通り「事業」の開発ですから前提として採算性が重要です。これまで、東京都やその外郭団体、業界団体や金融機関との連携を確立する事に視点が強かったため、事業によっては厳しいものも存在します。本年はこの採算性に重点をおいて開発を進める方針です。

—自らの活動によって、城東支部がどのようになることを期待していますか。
東京協会の機能の一部として動いているので直接的に支部独自という活動は難しいところも有りますが、支部からのアイデアや提携先の推薦については積極的に提案していきたいと思いますので、ご興味、ご関心のある方は声をおかけください。

実務従事支援部長 上品 忍

zyosina

—普段の活動内容や部員の様子についてご紹介ください。
普段は東京協会の実務従事として年に二回のマッチング会およびWeb募集の運営を他支部の部員の方々と協力しながら行っています。

—今年度、特に力を入れていること(力を入れたこと)について教えてください。
城東支部から協会実務従事事業の指導員登録者を増やし、実際に案件を出していきたいと思っています。
また、城東支部独自の実務従事は予算内でできるだけ参加しやすく実りのある案件を提供できればと思っています。
—自らの活動によって、城東支部がどのようになることを期待していますか。
質の高い継続的な実務従事の機会の提供を行うことで、会員の満足と支部の活性化につながればと思います。

渉外部長 小山 太一

koyama

—普段の活動内容や部員の様子についてご紹介ください。
渉外部の活動は、東京協会活動の城東支部としての取りまとめと城東支部独自の渉外活動の2つの活動があります。これらはいずれも会員診断士の職域拡大とビジネス獲得を目的としたものです。
東京協会の渉外部を通じ東京都関連機関、中小企業関連団体、金融機関等に対して、積極的な施策提言・支援を行う事で、中小企業支援における中小企業診断士の職域を広げ活躍の機会を増やすための活動を行っています。都の予算策定における中小企業診断士の関与を高める施策提言等がその具体例です。

—今年度、特に力を入れていること(力を入れたこと)について教えてください。
以前までは東京協会を通じた活動が主体でしたが、昨年度より城東支部独自の渉外活動に着手しました。より城東地区に密着した「区」レベルの渉外活動を始めて行くため、昨年度から部長・部員の2名に体制を強化しました。

—自らの活動によって、城東支部がどのようになることを期待していますか。
中小企業診断士は、他の士業に比べ独占業務がなく、それが診断士としてのビジネス獲得の妨げとなっています。渉外部活動を通じて、独立診断士にはマーケティング・受注獲得の支援に、企業内診断士には対しては、コンサルスキルを磨くための診断・指導の場を提供する機会を増やしていければと考えております。