女性力・女子力経営研究会

研究会の目的

女性力・女子力経営研究会は、女性力・女子力を活かした経営手法や「女性的リーダーシップ」を研究し、女性経営者や女性起業家、女性向け商品・サービス事業を展開する企業・個人に対して、中小企業診断士として、適切な支援能力を身に付けることを目的として、2016年に設立、城東支部の女性診断士が主体となって活動しています。

主なテーマ

  • 女性経営者(起業家)を取り巻く経済・社会環境について調査、研究する。
  • 女性経営者(起業家)の経営手法上の特徴や「女性的リーダーシップ」を調査、研究する。
  • 実際に消費者として女性向け商品・サービスを体験し、提供価値を向上させる施策を研究する。

活動方針

2020年7月21日、大変残念なニュースが飛び込んできました。2020年までに「指導的地位」における女性の割合を30%にするとした男女共同参画政策の目標達成を政府は断念し、その達成時期については「20年代の可能な限り早期に」となんとも後退した表現に変え先送りしてしまいました。

「202030」という目標が認定されたのは2003年。17年たっても指導的地位にある女性の割合は10%台、私たち中小企業診断士が日頃支援している経営者に目を向けても、女性社長の割合は7.9%(2019年、帝国データバンク調べ)とさらに低い数字です。

では、なぜ目標が達成できなかったのでしょうか?女性にはもともとリーダーシップが備わっていないことが、課題達成を妨げたのでしょうか?

私たちは、その原因は女性の力が発揮しにくい社会構造や文化にあるのだと考え、そういった環境下であっても、すべての女性が自分らしく、自由に考え行動し、勇気をもって夢を叶えるためのご支援をしていきたいと活動しています。

活動実績

これまでに行った主な活動について説明します。

(1)     「女性的リーダーシップ」研究

ワンマン型リーダー、民主型リーダーとリーダーシップの取り方には様々な形がありますが、近年注目されているのは「サーバント型リーダー」。部下を支え、育成し、チームのために力を存分に発揮してもらうためのリーダーシップと定義できるでしょうか。女性はサーバント型リーダーとして実は長けているのでは、と言われています。

書籍「女神的リーダーシップ」(ジョン・ガーズマ、マイケル・ダントニオ、2013年、プレジデント)や講演会、ビジネスプランコンテスト見学等をベースに、著名な女性経営者にフォーカスし、どのようなリーダーシップを持って事業を運営しているか、調査・研究を行っています。特に、ミレニアル世代の女性経営者に注目しています。

(2)     女性向け商品・サービスの研究

「購買決定権は女性にあり」。家庭内の購買において、女性の影響力は89.8%という調べが出ています(2019年、株式会社ハーストーリー)。経営支援において、女性向けの商品・サービスの研究も欠かせません。自分が最近体験して気に入った商品を報告し合い、どのような魅力があるのか探っています。化粧品、アパレル(服、靴)、食品(ビーガン)、ストレッチ、旅行、ホテルイベントetc. 新型コロナウイルスの前には、スウィーツビュッフェも体験しました。また、広く、エシカル消費のトレンド、SDGsに関係した事業にもアンテナを張っています。

(3)     女性を対象とした創業塾の企画・運営

2017年より、葛飾区創業塾の3回のうち1回を女性向けとし、企画および実施運営の支援を行っています。なぜ女性向けにわざわざ分けて創業塾を行うのか、それには理由があります。以下、主語は女性です。

  • 就業期間が短い、リーダーシップを発揮できる業務経験が少ない、家事・育児との両立など女性特有のビジネス(実行)上の課題がある。
  • 事業内容が身近なテーマで、規模が小ぶりな方が多いので、ミックス向けや成長・競争指向だと自分事と捉えにくくなる(自分とかけ離れていると感じる)。
  • 男性の中では遠慮、委縮してしまいがち。結果、創業に一番大切な自信、セルフエスティームが目減りしていく。
  • 女性同士の共感、気楽さ、連帯感が、創業を後押しする(逆に働くこともあるので要注意)。

受講者の背中を押し、しっかり、着実に歩んでいただけるようテキストのコンテンツや相談時の接し方を工夫し、今まで何人もの女性創業者を誕生させてきました。またこれは同時に、講師・事務局としてプロジェクトに参画する診断士に対し、女性創業者・経営者をしっかり支援できるように育成する活動でもあります。

葛飾区女性のための創業塾(2019年5月18日)

 

関連して、昨年2019年年9月には「HACCP超入門!セミナー」を開催、15名程の城東支部診断士に勉強の機会を提供しました。

HACCP超入門!セミナー(2019年9月13日)

活動に興味を持ってくださった方へ

女性力・女子力経営研究会にご興味のある方は、会員を通してご連絡ください。研究したいテーマなどを教えていただき、一緒に積極的に取り組みたいと考えています。

 

連絡先など

代表者 池田史子
連絡先 池田史子
f.ikeda@@@r5.dion.ne.jp(@は1つに変換してください)
090-9647-5822
ホームページ
城東支部記事 女性力・女子力経営研究会の更新記事 
認定NO 0004
認定日 平成27年12月13日