[2019/12/15]東向島駅前商店街/ウィンターフェスタの開催報告


12月15日(日)、城東支部 地域支援部で支援している墨田区の東向島駅前商店街にて、冬恒例のイベント「ウィンターフェスタ」が開催されました(主催:東向島駅前商店街振興組合)。

前週は雨が降ったりしたので心配しましたが、当日は晴天に恵まれました。商店街理事長の挨拶の後に末林和之会員から説明や発声練習があり、城東支部を中心に診断士等20名が参加をしました。オレンジ色の商店街特製のジャンパーを着用して、テントやテーブルを運び、初めて手伝う方もいるのでテントの組み立て方を説明して、十数張りを効率よく設置していきました。その後は、各自が担当に分かれて、準備を始めました。

11時にウィンターフェスタが始まると、温かいトン汁や炭火で焼いた焼き餅、その焼き餅を入れたお汁粉等を多くの方が購入していき、美味しそうに食べていました。

 

福引は、前回のサマーフェスタでは想定以上に盛況で、商品が足りなくなり追加したことを踏まえて、更に多くの商品を準備してのぞみました。午前から人々が途切れることなく並んで、福引担当者はフル回転で対応しました。

午後の最後にようやくゆっくりと対応ができました。

15時になると福引のベルを終了の合図に全員で協力して、手際よく、テント、机や椅子などを片付けました。みんな積極的に効率よく準備や片づけをするので感心します。
最後に商店街の皆さんと診断士等、全員で記念撮影をしました。

イベントを継続して行うことで、今回もさらに多くの来街者でにぎわいました。診断士や診断士の知り合いの方が継続してお手伝いをしてくださり、楽しく行うことが出来ました。ご協力くださった皆様に厚くお礼を申し上げます。

(高田直美会員)