[2018/10/13] 秋大会城東支部説明会実施報告


10月13日(土)TKP市ヶ谷カンファレンスセンターにて、一般社団法人東京都中小企業診断士協会の秋大会が開催されました。協会全体での参加者は約550名と大盛況でした。この影響なのか、第3部目にあたる「城東支部の説明会」にも大勢の方にご参加いただきました。

支部会場の様子

前年度は支部直轄・協会直轄の研究会を区別なく会場を設けて紹介していましたが、今年度は趣向を凝らし、支部の説明会会場内に支部直轄の研究会や各部の方々がブースを出展しました。
説明会の開始前や休憩時間を活用し、それぞれの活動をアピールして支部の説明会を盛り上げました。

城東支部の紹介

初めに今年度から着任した大石支部長より、城東地区の話や、「城東に夢と笑顔を創ります」など城東支部宣言などの紹介がありました。

そのあとは各部会の活動や支部イベントや研究会の説明が続き、城東支部のプロコン塾である城東スキルアップの説明にうつりました。また、城東スキルアップの卒業生である原慎之介会員の企業内診断士としての活動や、橘真美子会員の独立診断士としての活動など、若手診断士の体験談があり、参加者の皆様もうなずきながら聞いていました。

後半のパートでは、「企業内での資格の活かし方」、「支部の活動を通した人脈形成や経験蓄積」、「独立診断士の活動」の3グループに分かれ、グループトークが実施されました。どのグループも新入会員と既存会員の間で真剣かつ笑いのある活発な質疑応答がされていました。

説明会の最後に “笑顔の城東”を表すように、会員全員が笑顔の集合写真を撮りました。

 

懇親会

グループトークや6支部合同懇親会で打ち解けたこともあり、城東支部二次会へは総勢名の方が参加され、打ち解けた、まさに城東支部の標語である“和気あいあいの城東支部”のイベントとなりました。

とても楽しかった支部説明会及び説明会でした。
もし所属する支部にお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひとも城東支部にご入会いただければと存じます。

(稲川 琢也会員)