[2019/05/11] J-step(行動する診断士の会)春大会「整体を学び、セルフ整体を通し、自分の身体や意識と向き合おう」開催報告


令和元年5月11日土曜日、J-step行動する診断士の会の春大会『整体を学び、セルフ整体を通し、自分の身体や意識と向き合おう』が開催されました。講師は指圧マッサージ師でバランススペース心・体代表の神山和久氏です。

前半は、骨や筋肉の構造等フィジカルな話から、人の生き方や企業戦略の真理等の概念へと展開しました。
講師からは「背骨を感じながら前に進めば、力押しに負けることはありません。重心を意識することができれば、安定感を増やせます。脚の力を抜いて柔らかいものをイメージすれば、地に足が付いて揚げ足を取られることはありません。」と興味深いお話を聞くことができました。

また後半は、足指、座骨、横隔膜、胸、肩甲骨をイメージすることに重きを置き、クライアントとのコミュニケーションツールとしても使える「セルフ整体」を伝授頂きました。

参加した中小企業診断士は、整体の仕組みにヒントを得た沢山の気づきや着眼点を持ち帰りことが出来、充実した時間を過ごすことができました。
J-Step(行動する診断士の会)は、春夏秋冬の年4回開催。次の夏大会は、8月24日(土)を予定しております。次回も診断士としての私たちの好奇心をくすぐる興味深いテーマを用意しますので是非ご参加下さい。

(末林和之会員)