[2019/02/23] 城東支部「2~5年目の会」開催報告


2月23日(土)、城東支部の「2~5年目の会」が開催されました。

会員部は診断士登録年度別同期会の開催に毎年取り組んでいます。今年は「2・3年目の会」と「4・5年目の会」を合同で開催するということに決まり、2年目から5年目の会員が門前仲町のイタリアンバル・ロティに集まりました。
大石支部長と山下副支部長も参加され、美味しい食事とお酒を飲みながら、現在と今後の診断士活動の話で盛り上がりました。

まず、大石支部長によるご挨拶と乾杯の後、持ち時間1分の自己紹介で始まりました。現在の仕事内容や診断士活動への取り組みなど、1分を超えて熱く語る会員も多く、企業内で活躍する診断士が多いと思いきや独立診断士も多く参加していました。

今回は幹事のはからいで有益な情報交換の場にしたいとの思いから、事前に会員へアンケートが配布されていました。
診断士更新ポイントの獲得状況、理論政策研修の参加状況、城東支部へ期待することなど、アンケートの結果が店内スクリーンに発表されました。発表されたアンケート結果に基づいて、上手く活動している会員から、更新ポイント獲得のコツなどが提供されました。

また、アンケートにあった城東支部への要望については、支部活動の展望も含め、質疑応答形式で大石支部長より回答頂きました。
大変盛り上がり、質疑応答コーナーはまだまだ続いていましたが、終了時間が近づいたということで全員で記念撮影をして終了となりました。

今回、「2~5年目の会」の企画と運営を担当していただいた2年目幹事の森さん、3年目幹事の徳弘さん、4年目幹事の山本さん、5年目幹事の小川さん、ありがとうございました。
城東支部会員同士で多様な診断士活動の情報共有し、定期的に意見交換を行っていくことは大変有意義です。来年以降も「2~5年目の会」に多くの会員が参加され、楽しく盛り上がることが期待されます。
(岡田 真也会員)