[2019/11/02] 城東スキルアップコース(第6回)開催報告


朝の冷え込みが厳しくなってきた11月2日(土)、第6回城東スキルアップコースが中央区佃区民館で行われ、21名の受講生が参加しました。

今回のプログラム内容は以下の通りです。

1. 課題図書 楠木 建 著 ストーリーとしての競争戦略

2. 資金繰り 講師:本田一也会員

3. 公的支援制度の活用 講師:田中正浩会員

1. 課題図書 楠木 建 著 ストーリーとしての競争戦略

今回が3回目となる課題図書の発表です。受講者全員が同じ課題図書を読み、資料にまとめ、3分でプレゼンテーションを行うため、お互いの良いところを見習って「読む」「書く」「話す」のレベルが上がってきていることを実感します。
さらに今回は、自分の経験を交えたプレゼンテーションにするなど、他の人には簡単にまねができない工夫をされている方が多かったように感じました。
課題図書の中では、長期的な利益を得るためには他社に「簡単にまねができない」「違い」が重要だと書かれており、他の受講者はそれをさっそく自分のものにしていることに少し焦りを感じました。

2. 資金繰り 講師:本田一也会員

午前中2つ目のプログラムは、今年度から新たにカリキュラムに入った「資金繰り」の講義が本田一也会員を講師として実施されました。
1時間という短い時間でしたが、財務諸表と資金繰り表の違いなどの本質的な内容から、「黒字倒産がなぜ起こるか」といった興味を引く話題を交えつつ資金繰りの必要性を紐解きます。さらに資金繰り表作成のポイントを解説頂き、最後は資金繰り支援のために決算書から支援先の資金繰り状況を読み解く実践的なノウハウや、支援に必要な基礎知識など大変盛りだくさんな内容でした。
財務会計に触れる機会が少なく資金繰りについて苦手意識を持つ受講生も多かったため、分かりやすく体系的な内容に感銘を受け、講義終了後には講師と名刺交換をする受講生の列が絶えませんでした。

3. 公的支援活動の活用 講師:田中正浩会員

午後は、公的機関の業務を中心にご活躍されている田中正浩会員による「中小企業診断士業務」「専門家登録制度」「補助金・助成金」をテーマにした講義があり、最後にグループワークにより教わった知識を定着、膨らませました。診断士に役立つ専門家登録制度や補助金の具体的な説明は、企業内診断士や新人独立診断士にとって理解しやすいものであり、これまで取っ付きにくいと感じていた補助金に対して抵抗感が小さくなりました。

① 中小企業診断士業務

診断士の主な業務として、公的支援機関、補助金関係、顧問契約、セミナー、執筆などをあげた上で、独立診断士として生計を立てていくためにこれらをどう組み合わせていけばよいのかを、講師ご自身の経験からアドバイスをいただきました。特に業務実績がほとんどない独立前後の診断士にとっては、研究会、セミナー、広報活動、実務従事などに積極的に手を挙げ経験を積むことにより、専門家登録での業務受注や個別支援に繋がることを理解できました。
まとめで挙げられた、“経歴を作る”、“手を挙げる”、“知識・経験より意識”、“新しい業務”、“インプット”、“量から質への転換”などのキーワードは、印象に残りかつ納得感のあるものでした。

② 専門家登録制度(公的支援機関業務)

公的支援機関の業務において、5つの専門家登録制度の具体的な説明がありました。スキルアップ生のほとんどが企業内診断士ですが、どのプロジェクトが企業内診断士にとって参加しやすいかといった観点での説明もあり、企業内診断士にも大変有用なものでした。

③ 補助金・助成金について

補助金制度の概要と留意点、補助金業務の実態、中小企業向けの主な補助金などの全体的な説明がありました。私たち経験の浅いスキルアップ生にとっては、補助金制度は理解しにくいものですが、経験の浅い診断士の目線から、重要なポイントを具体的に示し、補助金に対する抵抗感が小さくなりました。
補助金申請の留意点としては、事業ありきを意識すること、競争があることを認識することが印象に残りました。また、補助金申請書作成に向けて、フレームワークを活用し多面的に作成することが重要である、具体的な言葉に置き換えてリアリティをだすなど作成のテクニックを説明していただき、とても参考になりました。
中小企業経営者にとって補助金の獲得は高いニーズがあるという調査結果も示され、私たち診断士にとって、クライアントの補助金獲得支援は重要な業務であることを認識しました。

④ グループワーク

本講義の最後に、“専門家派遣制度”または“補助金制度”について新たな提案をする、ことをテーマに5人一組で4チームに分かれ、グループワークを行いました。
各チームにおいて積極的な議論が交わされ、“企業内診断士総活躍制度”、“クラウドファンディング専門家派遣”、“フロンティア開発補助金”、“シルサポ(シルバーサポート)補助金”と、私たち自身に直接関わるテーマや、世間で問題・話題になっているテーマなど、おもしろいアイディアが出ました。
グループワークは、学んだことが定着する、自分では思い浮かばないアイディアが得られる、コミュニケーションが活性化するなど多くのよい点があると再認識しました。

4. 第6回城東スキルアップコースの感想

全10回の講座も後半戦を迎え、スキルアップ生のレベルがアップしているだけでなく、仲間意識が強くなっていることを感じるようになってきました。
3回目となる課題図書では、各自の独自性が見えるようになってきており、初回のおどおどしていた様子からは想像ができない発表となってきました。また今回も講師の方の経験を基にした講義は、外部のセミナーでは得られない貴重なものであり、これから診断士として活躍したいと思っているスキルアップ生にとって、とても有用なものとなっています。
残り4回ですが、どのような貴重な体験ができるのか楽しみです。

第7回の予定

日時 2019年12月7日(土) 9:15-17:00
場所 京橋プラザ区民館 1号室

東京都中央区銀座1-25-3

TEL:03-3561-5163

ホームページ:

https://www.city.chuo.lg.jp/mobile/sisetugaidomobairu/kuminkan/kyoubasirazakuminkan.html

アクセス:

・東京メトロ有楽町線新富町駅下車2番出口 徒歩5分

・都営地下鉄浅草線宝町駅下車A1番出口 徒歩5分

https://mappage.jp/cml/SMAP.php?X=139.7750379885&Y=35.6700521457&L=12#S04

(新貝匡輝会員・若林豊会員)