[2019/07/21] 「東向島駅前商店街サマーフェスタ」開催報告


7月21日(日)、墨田区の東向島枠いき通りにて、夏の恒例イベント「東向島駅前商店街サマーフェスタ」が開催されました。(主催:東向島駅前商店街振興組合)
朝から小雨が降り、天気が心配されましたが、本日を心待ちにした皆様の願いが届いたのか、イベントが開始する頃には雨がすっかり上がりました。

会場の準備

9時半に商店街理事長からご挨拶があり、会場の準備がスタートしました。
「お手伝いし隊」隊長・末林和之会員の掛け声のもと、参加した23名の診断士は、一致団結してテントの組み立て、机や椅子の配置を行いました。十数張りのテントの組み立ても、経験者が中心となって手際よく行い、30分程度で完成しました。その後は各自が担当するイベント会場の準備を行いました。

サマーフェスタ、開始!

11時にサマーフェスタが開始すると、商店街に人出が増え、いっそう活気づきました。福引会場は、すぐに長蛇の列となり、来街者が順番を心待ちにしていました。1等から8等までのハズレなしの福引のため、たくさんの喜びの声が上がりました。12時頃には、1等のディズニーランド・ペアチケットの当選者も出て、大当たりの鐘が鳴り響き、会場が大いに沸きました。

 

雨上がりで蒸し暑い一日となったため、かき氷会場やビール会場は人出で賑わい、来街者が涼を楽しむ姿が多く見られました。「寺島・玉ノ井まちづくり協議会」による江戸東京野菜の販売は、今年も大好評でした。

 

13時からは、毎年大人気のイベント「こどもスイカ割り」が開始されました。このイベントでは、こどもたちが目隠しをして木刀でスイカを割り、割ったスイカをもらって帰ることができます。たくさんの親子連れで受付待ちの列ができ、会場が賑わっていました。スイカが二つに割れたときには、親子に笑顔が溢れるとともに、まわりの見学者からも大歓声が上がっていました。

 

お疲れさまでした!

夏の恒例イベント「東向島駅前商店街サマーフェスタ」も地域に根ざしてきており、年々来街者が増えてきています。今年につきましても、昨年以上の来街者に楽しんでいただき、大盛況のうちに終了となりました。
15時からは商店街の皆様と会員が協力して後片付けを行い、テントや机・椅子を倉庫に収納し、最後に全員で記念撮影をして、三本締めでお開きとなりました。

 

結びに

参加した会員は、企業内診断士や診断士登録して間もない診断士が多くおりました。そのため、会場の準備から、イベントのお手伝いや店頭での販売を経験することができたことは貴重な経験でした。商店街の皆様と喜びや苦労を一緒に共有する時間を過ごすことができたことは、今後、診断士活動を行っていく上での、大きな財産となりました。来年以降も、サマーフェスタに来られたお客様の笑顔を増やしていくことができるように、商店街の皆様のお手伝いをしていきたいと思います。
最後になりますが、今年も無事に終了することができ、ご協力いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

(大橋弘明会員)