[2020/9/22] 墨田区「たもんじ交流農園」秋の種まき実施報告


シルバーウィーク最終日の9月22日()、晴天の中、城東支部地域支援部が区画農地を持つ「たもんじ交流農園」(墨田区)にて、秋の種撒きが行われ、城東支部員等8人が参加しました。 

同農園は、NPO法人 寺島・玉ノ井まちづくり協議会(てらたま協議会)が運営する、23㎡の畑24区画や芝生広場、ウッドデッキ等を持つ都市型農園です。城東支部は、地域支援部のプロジェクトを通じててらたま協議会と知り合いました。2019年より、耕作地を1区画借受け、「農園部」を立ち上げ、同農園で地域の方と交流しながら、寺島ナスなどの江戸野菜を育てる活動を行ってきました。毎年、春・秋種撒きを行っており、今年度1回目の種撒きとなりました。 

DSC_0916

 

まずは畑作りから行いました寺島ナスの収穫を行った後に抜き取り、雑草を取り去った後に耕運機を使用し、畑を耕しました次に肥料を入れ、土作りを行いました。 

続いて、畝(うね)づくりです。今回はアイスプラント」と江戸野菜「砂村合柄一本太葱東京長かぶ亀戸大根の種を植えるため、空地に5列の畝を作りました。先がフォーク状の「備中鍬(くわ)」で固まった土を耕し、先が板状の「平鍬」で土を盛り上げ、何とか畝が完成。種まきと水やりを行いました 

DSC_0920

コロナ禍の中慣れない作業で日頃の運動不足を感じましたが、楽しく、あっという間の1時間でした 

海野大樹会員)