[2021/6/5]令和3年度支部大会を開催しました


本年度の城東支部大会は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う東京協会の方針等を考慮し、6月5日(土曜日)にZOOM使用によるオンライン開催で実施しました。当日は、延べ88名の支部会員の出席がありました。

【第1部(講演会)】
開会冒頭、松枝東京協会会長から御挨拶をいただいた後、講演会を行いました。
今回は、株式会社ボーダレス・ジャパンハチドリ電力事業統括の小野悠希様から、「地球温暖化に対していま、わたしたちにできること」と題して御講演をいただきました。
御講演では、二酸化炭素による温室効果ガスの増加が地球温暖化の要因として注目される中、火力発電が約8割を占める日本においても、二酸化炭素を排出しない再生可能エネルギーへの切り替えが課題となっていることを指摘され、ハチドリ電力の具体的な取組を御紹介いただきました。出席会員からも活発に質問が寄せられ、充実した講演会となりました。

【第2部(会員説明会)】
会員説明会では、議事録署名人選任の後、令和2年度事業報告及び令和3年度事業計画について、大石支部長から全体説明が、菊地経理部長から令和2年度支部決算及び令和3年度支部予算についての説明があり、小川監査委員から会計監査・業務監査の結果、いずれも適切に遂行されている旨の報告がありました。これらの報告・説明に対しても、出席会員からの質疑が行われました。
また、山内総務部長から、本年度の支部会員表彰について報告があり、各受賞者から御挨拶をいただきました。

【第3部】
第3部では、今年度から本格的な活動が始まった東京協会の社会貢献事業に関して、まず田中東京協会副会長(社会貢献事業推進委員会委員長)から御挨拶をいただいた後、城東支部における社会貢献活動への取組について、プロジェクトチームメンバー等により5つのグループ及び2つの研究会における状況報告や活動計画などが紹介されました。

支部大会としては初のオンライン開催となりましたが、御出席いただきました支部会員の皆様に、厚く御礼申し上げます。