[2020/2/9] 図書館ビジネスセミナー「新たなビジネスの種を考えてみよう ~アイデア発想の羅針盤を使って~」実施報告


2月9日(日)の14時から2時間、葛飾区立中央図書館にて図書館ビジネスセミナーが開催されました。講師は大原善満会員で、タイトルは「新たなビジネスの種を考えてみよう ~アイデア発想の羅針盤を使って~ 」です。定員を大きく上回る50名が申込みされ、すでにビジネスをされている方から、これからビジネスを起こそうとしている方まで、多くの方が参加されました。

■新規ビジネス創出に取り組むべき理由

講演では、まず新規ビジネス創出に取り組むべき理由が説明されました。顧客ニーズの多様化というチャンスに加え、競合の台頭や売上の減少などにより、既存ビジネスだけを継続することはリスクとなる可能性があることが語られ、関心を持つ多くの受講者は頷きながら聞いていました。

理由を理解した後には、ワークです。まずはビジネスの種探しのため、身近な人や自分が普段抱えている困り事はどんなことがあるか、それを解決するにはどのような手段があるかを考えました。どの参加者の方もワークシートに向かう表情は真剣そのもの。ワーク中、参加者の席を回り、受講者のアイデアに大原会員が直接アドバイスをする場面もありました。

■SCAMPER法の適用

続いて、SCAMPER法というアイデアの発想法の解説です。具体的な企業や商品例を交えながらの解説に、初めて聞いた受講者の方も興味津々でした。解説を聞いたあとは、先ほどワークシートに記入したビジネスアイデアにSCAMPER法を適用しながら、磨きをかけていきました。

講演の中では、何を顧客への価値として提供するか?という根源的な問いが繰り返し問われました。新しいビジネスを始めたいと考えている方には、気づきの多い内容だったのではないでしょうか。

本セミナーの内容は、城東支部YouTubeチャンネルで配信中ですので、ぜひご覧ください。

東京都中小企業診断士協会 城東支部 YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC02aQ5x96w0Qm5ZE-PRp1Lg

 

(中嶋亜美会員)