[2019/04/06] 葛飾区創業塾が開講しました


4月6日(土)、葛飾区にある新小岩創業支援施設において「葛飾区創業塾2019」が開講しました。当創業塾は産業競争力強化法に基づく特定創業支援等事業における認定「創業塾」で、葛飾区の創業支援事業の一環として実施されるものです。講師・事務局は城東スキルアップ卒業生を中心とした15名の会員が担当し、新小岩創業支援施設を皮きりに、中央図書館、堀切地区センターと、区内の3会場において行われます。

今回の創業塾は、4回分の講義で事業計画書を作成し、5回目となる最終講義で、作成した事業計画の発表を行う、という流れです。

カリキュラム

テーマ 内容
第1回 経営 経営の基礎知識、経営者マインド
第2回 販路開拓 成功する事業の考え方、つくり方
第3回 販路開拓/人材育成 販路開拓の技術/人材活用
第4回 財務 財務会計の基礎/資金調達
第5回 まとめ 事業計画の発表

◆第1回(4月6日)、第2回(4月13日)

第1回目冒頭に、葛飾区産業観光部産業経済課の倉知課長より受講者に向けてご挨拶がありました。創業実現への熱いメッセージの他、葛飾区の創業支援制度の紹介をしていただきました。

第1回目の講義テーマは「経営の基礎知識、経営者マインド」です。創業における最初のステップとなる経営の基礎知識と経営者マインドを学び、「経営理念」を自ら考え、事業計画作成する内容です。講義の他に、個人ワークや受講生同士によるグループワークも取り入れられており、グループワークではファシリテーター役として事務局メンバーも参加し、議論の活性化に向け、支援しました。受講生の前向き、かつ真剣に自身の事業について考え、熱く語られている姿がとても印象的でした。

第2回目のテーマは「成功する事業の考え方、つくり方」で、事例をもとにした説明の後、ご自身の事業コンセプトづくりに取り組んでいただきました。講義終了後には、受講者同士のコミュニケーション活動の一環として、ランチ会を開催しました。多くの受講生に参加していただき、創業への想いや悩みを共有し、交流を深めました。

また、第2回目の講義の際、地元ケーブルテレビの取材が入りました。5月にスタートする中央図書館(女性向け、託児サービス付き)の受講生募集もすでに始まっていますが、初日に定員がほぼ埋まってしまうという人気ぶりで、地域の皆さまからの高い注目度に、講師・事務局もますます支援熱をヒートアップさせているところです。

◆今後の開催予定

創業塾修了後の方には、区立図書館でのビジネス相談や「テクノプラザかつしか」での経営相談、創業融資のご案内も行っています。また、創業塾卒業生同士の交流イベントも予定されています。これらの活動を通じて、一人でも多くの受講生が夢を実現できるよう、講師・事務局メンバー一同、全力で支援をしていきます。

中央図書館、堀切地区センターは次の予定で開催されます。

回数/場所 新小岩創業

支援施設(一般)

中央石図書館

(女性向け)

堀切地区センター(一般)
第1回 4月6日 5月18日 8月24日
第2回 4月13日 5月25日 8月25日
第3回 4月20日 6月1日 9月7日
第4回 4月27日 6月8日 9月14日
第5回 5月11日 6月15日 9月21日

※いずれも土曜日、9:30~12:30(定員20名)

詳しくは、以下のページをご覧ください。
「葛飾で勝つ!」(葛飾区創業支援事業ホームページ)

https://sogyokatsushika.com/

葛飾区創業塾 講師・事務局メンバー(五十音順、敬称略)
池田史子、海老沼優文、木内清人、佐野雅啓、鈴木美穂子、高氏秀機、橘真美子、原慎之介、原田英彦、半田武志、布能弘一、本田一也、横山和志、横山由香、渡辺裕

(佐野 雅啓会員)