[2019/01/27] 図書館ビジネスセミナー「ほめる名人直伝!!㊙ほめテク(ほめるテクニック)実践講座!!」実施報告


平成31年1月27日(日)、立石図書館で、佐野雅啓会員が講師の「ほめる名人直伝!!ほめテク(ほめるテクニック)実践講座!!」セミナーが開催されました。
職場や家庭の人間関係を良好にし、業績アップ・家族の笑顔につながる「ほめの技術」を楽しく習得していただくことが本セミナーの目的です。
本セミナーは、定員を大きく超過する65名のお申し込みをいただき、当日も57名の参加を頂きました。また、性別問わず、また年齢も20代から80代までの幅広い方々にご参加いただきました。さらに当日には、キャンセル待ちのために並ぶ方や、参加予定の女性から夫も連れてきたいというお電話がありました。
私見ではございますが、多くの方が対人関係を良くしたい、コミュニケーション力高めたいという思いをもち、「ほめ達」という言葉に興味を持っているのだと感じました。

(1)相手に興味を持つことが大切

セミナーは、講師のコミュニケーションに関する失敗談から始まりました。参加者はその失敗談を自分事のように捉え、どんどんセミナーに引き込まれてゆきました。
セミナーの参考動画「人は注意したものしか目に入らないという実験動画(※1)」を見た後に、今まで見ていなかった視点で「相手に興味を持つことが大切である」という説明では多くの方が頷いていました。また、絶対に使ってはいけない言葉「今日は、仕事が早い。珍しいね!」の事例では、そのシチュエーションに笑いが出たり、「涙の10段跳び  園児の頑張りに感動の嵐(※2)」を見終わった後には拍手とともに涙を流す人が見られました。みなさん、熱心にかつリラックスしてセミナーに参加され、休憩時間にも、動画名を教えてほしいという質問が参加者から出るなど、講師と参加者の距離が近い印象を持ちました。

(2)「ほめ言葉」を増やすワークは大盛り上がり

自分が使える「ほめ言葉」を増やすワークを行い、多くの参加者の方に発表して頂きました。発表者ではない人も、知らなかった言葉は一つでも多く吸収しようと、熱心にメモを取っていました。
セミナー終了後も熱気は冷めやらず、多くの参加者が講師に質問をしていました。なかには、A4用紙にびっしりと、今日学んだことや講師の印象などを記載して渡していた方もいました。「ほめる」というコニュケーションツールの効果を体感した2時間でした。

 

本セミナー「ほめる名人直伝!!ほめテク(ほめるテクニック)実践講座!!」の講演は、城東支部YouTubeチャンネルにて閲覧できます。

https://youtu.be/AZf_os0fRQc

※1:selective attention test
https://www.youtube.com/watch?v=vJG698U2Mvo

※2:涙の10段跳び  園児の頑張りに感動の嵐
https://www.youtube.com/watch?v=KW0ahs49hWE

(大牧 勇人 会員)