資金調達支援

■資金調達支援および財務支援

財務支援、財務体質の改善支援

バランスシートの改善と収益の改善を支援し、不況に負けない財務体質を作ります。財務の改善には、売上を拡大し、支出を抑制することで、利益最大化を図ります。また、利益を源泉にキャッシュフローを生み出し、適切な配分の検討を行います。さらに、財務構造を把握し、財務能力と決済能力を改善します。

資金調達支援

資金調達のための各種融資申込書の作成支援、補助金申込の作成支援など
融資許諾が得られるよう、綿密なヒアリングとアプローチで支援します。

事業性評価

財務データに表れてこない事業内容や成長可能性のある経営資源を見い出し、それらを活かした経営を評価する「事業性評価」の支援をします。平成26年9月、「金融モニタリング基本方針(平成26事務年度)が金融庁より発表されました。この金融モニタリング基本方針の「監督・検査」の重点施策のひとつに、「事業性評価」に基づく融資への取り組み内容が挙げられています。「事業性評価」とは、財務データや担保・保証に必要以上に依存することなく、取引先企業の事業内容や成長可能性等を適切に評価して行う融資のことです。
中小企業診断士東京協会城東支部では、「事業性評価研究会」を中心に、中小企業の皆様や金融機関・行政機関などをサポートしています。

 

東京都中小企業診断士協会 城東支部では、これらの税務支援、資金調達支援、事業性評価などについて、経験豊富な中小企業診断士が多数在籍しており、や各種行政機関・支援団体と協力して中小企業のサポートを行っていますので、お問い合わせください。

お問合せ先

ご支援をご検討される場合には、以下のフォームからご連絡さい。
https://www.johtoh-smeca.jp/contact/